::: 返回首页 | サイトマップ | 大きい社地区  
大きい社地区ある明るい鄭時代…についてすでに開発、…で観音山…(の)ために地名。初期奴隷属する仁武郷、民国四十年分ける郷独立
 
大きい社民謡の収集 農業特産物編 人文学と歴史 観光スポット
:::
タイトル:大きい社民謡の収集
大きい社地区
各里の簡単な紹介
 
 
 
大きい社地区
* 主页 > 大きい社民謡の収集 > 大きい社地区  
  大社区(元は高雄県大社郷、民国99年12月25日に高雄県市合併後、高雄市大社区に変わりました)は明の鄭成功の時代にすでに開発され、観音山を地名としていました。昔は仁武郷に属し、民国四十年に独立しました。
  大社区は農業地区です。最も有名な農産品はナツメとグアバです。その他、牛乳生産量はもともと高雄県のトップでした。神農里にある観音山は南部で有名な風景区です。その「翠屏夕照」は清朝時代にすでに鳳山県の八景の一つに数えられていました。山が険しく、風景が優雅で、文人詩人が多くの吟詠作品を残しました。昔は古刹「翠屏岩」(今の大覚寺)の鐘の音で、ひっそりとした美がありました。経済発展とともに、観音山は開発され、両脇に高い木麻黄が植えられた登山古道は、とっくに20mの道路に拡張されました。休日ともなると、一万人以上の旅行者が各地からやってきて、登山したり、地鶏城で食事したりして、とても人気のある観光スポットになっています。   初期の青緑色だついたて岩(今大きい眠り寺)古風で質朴だ様子容貌.
  南二高開通、及び付近の義守大学、樹徳科技大学が相次いで数万人の消費者をもたらし、もともと古い集落、三角湧を中心としていた商業中心地位は、すでに観音山に通じる外側道路-中山路に取って代わられ、人文生態は以前と違います。近年中山路上に商店が林立し、大社区で最もにぎやかな商業区になっています。
 
Webアクセシビリティ 標準Web Copyright © 非經授權禁止轉載
(81547)高雄市大社区自強街1号
TEL:886-7-3513309 、 886-7-3513300