::: 返回首页 | サイトマップ | 大きい社地区  
大きい社地区ある明るい鄭時代…についてすでに開発、…で観音山…(の)ために地名。初期奴隷属する仁武郷、民国四十年分ける郷独立
 
大きい社民謡の収集 農業特産物編 人文学と歴史 観光スポット
:::
タイトル:大きい社民謡の収集
大きい社地区
各里の簡単な紹介
 
 
 
* 各里の簡単な紹介
* 主页 > 大きい社民謡の収集 > 各里の簡単な紹介  
日本統治時代は「保」で地方行政区域を区分していました。光復後は「村」に変わりました。時代とともに、大社は光復初期の六村から、今の九村に変わりました。そのうち三奶壇庄は区内人文が集まった地であり、昔の商業が最も繁栄していた場所でもあります。轄区には三奶村、観音村、翠屏村、神農村など四村が含まれます。大社庄には大社村、保安村の両村が含まれます。中里村は旧称を林仔辺と言います。保社村旧地名には保舍甲と万根松の両庄が含まれます。嘉誠村は最も広く、旧集落加蝋崎、牛食坑、水哮仔、柑仔宅、蜈蜞潭、北勢林(国民党政府が台湾に来たことで建設された大陳新村が含まれます)、箍桶寮が含まれます。2010年12月25日県市改制で、「村」が「里」に変わり、本区管轄下に九里あります。それぞれ三奶里、翠屏里、観音里、神農里、中里里、大社里、保安里、保社里、嘉誠里です。 以下の画像は大社区保社里、嘉誠里、保安里、大社里、翠屏里、三奶里、観音里、神農里、中里里など 9 個の里の行政区域図と紹介です。
三奶里 翠屏里 觀音里 神農里 中里里 大社里 保安里 保社里 嘉誠里
 
三奶里  
  三奶里は三奶壇西南隅にあります。三奶壇の一部分です。もともと三奶村の村名は元の村に祭られていた三奶夫人から命名されました。原大社郷で昔、最も繁栄していた文化交通商業の中心「三角湧」は三奶廟広場前にありました。以前、市場商人はすべてここに集中していました。その他、廟脇の「三奶壇市仔」は、高屏地区でいちばん古い夕方市場です。全里面積125ヘクタール。県市合併後、「三奶村」が、「三奶里」に改名しました。
地図に帰ります
*
青緑色だついたて里  
  元の村名は「翠屏村」、三奶壇の北にあります。地方名勝「観音山翠屏岩」の中の「翠屏」二字をとって命名されました。集落は細長い形をしていて、面積60ヘクタール、元大社郷内で最小の村ですが、開発が早く、住宅が密集しています。県市合併後、「翠屏村」が、「翠屏里」に改名しました。
地図に帰ります
*
観音里  
  三奶壇東南隅にあります。三奶壇の一部分です。古井が最も多く、元大社郷で早く開発された地区で、元の観音村という村名は元大社郷名勝「観音山」からとられましたが、観音山の実際の位置は元の神農村にあります。昔はすべて農耕地で、面積63ヘクタール。県市合併後、「観音村」が、「観音里」に改名しました。
地図に帰ります
*
神農里  
  三奶壇東にあります。全里面積220ヘクタール。民国三十九年に村里区域が再整理され、籬仔内庄元は日本統治時代の「四保」でした。神農大帝廟の所在地なので、「神農村」と命名されました。元大社郷の二大重要廟「青雲宮」と観音山「大覚寺」はどちらも元の神農村内にあります。県市合併後、「神農村」が、「神農里」に改名しました。
地図に帰ります
*
中中里  
  元の村名は「中里村」です。元大社郷の南にあります。三奶壇と仁武の間の集落です。清末當地在観音中里区内、後に中里と命名されました。元の名前は「林仔辺」です。因集落周囲の坑溝遍佈樹林ことから名前が付きました。全里面積220ヘクタール。大正13年(民国13年)に元の中里村南郊に仁武公学校を設立し、仁武庄轄区の学童、北は牛食坑から、蜈蜞潭、保舍甲、南は大湾、八卦寮まで、すべてここで就学しました。県市合併後、「中里村」が、「中里里」に改名しました。
地図に帰ります
*
大きい社里  
  元村名は「大社村」です。三奶壇西北にあります。面積310ヘクタール。もともと村の多くは農地で、民国六十年代元大社郷がちょうど区域形態転換期に当たり、田舎の元大社村はにわかに三奶壇に取って代わり、元大社郷の政治、経済、文化の中心になりました。元郷公所、郵便局、保健所、小学校、水道会社、中山堂、図書館など機関がすべて本里の自強街に集中し、農協も曲がり角の三民路だけにありました。県市合併後、「大社村」が、「大社里」に改名しました。
地図に帰ります
*
保安里  
  大社庄の北にあります。元の地名は大社です。面積255ヘクタール。台湾光復後、元大社村の一部分でした。コミュニティが拡大して人口が増えたので、民国八十七年に村を分け、保安村と名付けました。本地守護神廟「保元宮」から名付けられました。「保」元宮諸神に民衆の平「安」をお願いするという意味です。県市合併後、「保安村」が、「保安里」に改名しました。
地図に帰ります
*
守る社里  
  元の村名は「保社村」です。元大社郷の北、中圳溝と、典宝渓上流の鳳山厝渓の間にあります。面積470ヘクタール、元郷内平地面積最大の里です。へんぴなところにあり、さらに日本統治時代に東北郊の農地が砂糖工場に購入され、サトウキビ畑になったので、発展が遅れました。元村内には清水祖師をまつった清福寺があり、村民信仰の中心です。別に貢生の張栄機が故郷に戻って建てた張厝があります。三落双護龍大厝だったそうです。ただ建築はすべて取り壊され、すでに当時の盛況は見られません。県市合併後、「保社村」が、「保社里」に改名しました。
地図に帰ります
*
嘉誠の里  
    元の村名は「嘉誠村」です。元大社郷東辺にあります。北は典宝渓の上流、鳳山厝渓を境界として、燕巣区横山里と隣り合います。東は中圳渓の最上流集水区の分水嶺を境界として、大樹区興田里と隣り合います。全里面積1100ヘクタールで、全区の三分の一を占めます。元大社郷で土地が最も大きく、人口が最も少なく、市街地で最もへんぴな里です。光復初年に牛食坑と蜈蜞潭の二大庄から「牛蜈」村と名付けられました。民国五十二年牛蜈分校が独立して、嘉誠国民学校に改名した後、里民は「牛蜈」二字は上品ではないと思い、民国五十五年に嘉誠村に改名し、校名と同じにしました。近年南二高下に広い道路が開通し、さらに村の中の数本の幹道もすでに広げられ、元嘉誠村はもはやへんぴな山村ではなく、レジャー観光産業方向に発展し、希望に満ちています。県市合併後、「嘉誠村」が、「嘉誠里」に改名しました。
地図に帰ります
 
Webアクセシビリティ 標準Web Copyright © 非經授權禁止轉載
(81547)高雄市大社区自強街1号
TEL:886-7-3513309 、 886-7-3513300