::: 返回首页 | サイトマップ | 大きい社地区  
大きい社地区ある明るい鄭時代…についてすでに開発、…で観音山…(の)ために地名。初期奴隷属する仁武郷、民国四十年分ける郷独立
 
大きい社民謡の収集 農業特産物編 人文学と歴史 観光スポット
:::
タイトル:観光スポット
観音山
観音山八景
観音山新しい名所
登山歩の道紹介
 
 
* 観音山新しい名所
* 主页 > 観光スポット > 観音山新しい名所  
群サル共に構成する
*> 群サル共に構成する
 
*   群サル共に構成する

  大覚寺の北側、昔郷人は「巌後」と呼んでいました。多くのサルが出没したので、昔本郷郷民は人を「お前は巌後の奴に似ている」と罵りました。つまり暗に相手はサルだと指しています。現在数量は約数十匹、いつも旅行者がエサをやるので、政府はサルの習性が変わって、大自然から餌をとらなくなり、グループが激増して、農作を破壊することなどを心配して、すでに立札を立てて禁止しました。偶然にも、翠屏路112巷内に構樹があり(俗称鹿仔樹)ひょっとしたらサルの霊気に染まったのか、幹に数個の大樹瘤ができ、サルの群れが抱き合って遊んでいるように見えます。体はあるものは上向き、あるものは下向き、頭部と尾がはっきり見え、とても面白いです。(他の地元の人の説:石筆初開の向かいの道の脇の百年老構樹で、サルの群れが長いこと遊んでいて、幹に多くの樹瘤ができ、大きい者や小さなもの、いたずらなサルが登っているように見えます。 今すでにありません。)

 
 
香楠奇木
*> 香楠奇木
 
*   香楠奇木

    駱駝山の下、凹谷に、神木と呼ばれる香楠があります。四つの主な支幹があり、最も太い幹の周囲は約160センチ、四支幹の共同合幹は、周囲約300センチです。観音山八景中「古木の元祖」のガジュマルが枯れた後、この木が本山区で現在知られている最も巨大な木になりました。(別の地元の人の説:北観音山渓沼地、坂に三人で抱える香楠が生えていて、四階建ての高さで、観音山区全体で貴重です。)

 
 
古い榕樹皿根
* > 古い榕樹皿根
 
*   古い榕樹皿根

  鶏罩尾(山地住民は大尖山と言います)の中腹ほとんど垂直に切り立った岩壁に、大葉雀榕が生え、空中にぶら下がっています。このガジュマルに驚き、敬服したので、「抱石将軍」と呼ばれます。このガジュマル茎部分は数個の主幹になって分かれ、根と気根は山壁に沿って広がり、一方で岩塊が風雨の風化と侵蝕を受けるのを保護し、一方で山壁を固定する作用があります。一粒のガジュマルの種が鳥の糞と一緒に大岩塊に落ちた時、気根でがけにぶら下がり、まるで道を切り開く達人のように、ゆっくりと岩壁全体に広がりました。以前もある郷鎮の山壁に、類似したガジュマルがあって、マスコミに宣伝されました。しかし実際は規模でも気勢でも、本区のこのガジュマルに及びません。旅行者が鶏罩尾主峰に登るとき、このガジュマルは途中の休憩ステーションになります。多くの登山家に貢献しています。(他の地元の人の説: 陳家墓の後、登山小道に二本の古いガジュマルの根が山壁を覆い、奇観を形成し、登山の足掛かりになります。)

Webアクセシビリティ 標準Web Copyright © 非經授權禁止轉載
(81547)高雄市大社区自強街1号
TEL:886-7-3513309 、 886-7-3513300